家賃保証会社を依頼するなら料金を比較して決定しよう

賃貸不動産に投資する方は

積み木

リスクを低減させ円滑経営

賃貸経営をされている方や、これから賃貸不動産に投資を考えている方は家賃保証会社をご存知ですか。家賃保証会社は、個人オーナーなどが運営管理している賃貸不動産物件を、物件まるごと借り受けて代理管理する不動産管理会社のことをいいます。この家賃保証会社の仕組みは、所有物件の管理を責任持って行ってくれるうえに、借り受ける対価として物件オーナーには毎月の一定額家賃が保証される仕組みになっています。家賃保証会社は毎月の家賃から取り決められた手数料を差し引いて、残額を物件オーナーに家賃保証として支払いますので、家賃保証会社は手数料収入で利益を上げる仕組みになっています。この家賃保証会社を利用する上で最大の利点は、賃貸経営をする上で避けて通れない空き部屋リスクを回避できる点です。賃貸経営は入居者がいる事で家賃収入が得られるわけですが当然、空き部屋が存在する期間もありますので、そのような時は家賃収入は入ってきません。これを空き部屋リスクといいますが、家賃保証会社を利用すると物件まるごと貸し出す事になるので、空き部屋からの家賃も保証される仕組みになっています。このため、物件オーナーは安定した収入が確実に得られる事から、利用する賃貸オーナーが増えています。この家賃保証会社を利用するにあたり、管理手数料として家賃から差し引かれる料金額は、一般的に家賃額の10%〜20%程度が多いです。家賃保証会社に支払う料金額の割合は、契約時に交渉によって決められますが一般的に、物件の立地条件や築年数などを考慮して会社に支払う料金は決定される事が多いです。家賃保証会社に支払う料金額を考慮して、それでも大きなメリットが得られると思ったら利用すると良いでしょう。

マンション

副業として行う不動産経営

不動産投資は経営に時間や労力がかかりますが、一括借り上げをしてもらえば経営をする上で必要な権利を認めて経営を行ってもらうことができます。必要なのが業者とのやり取りだけになるので副業としても十分に成立するのです。