家賃保証会社を依頼するなら料金を比較して決定しよう

様々な商品が商品展開

つみき

投資で将来への備えを

将来への投資を検討する際には、様々な金融商品から選択が可能となっています。中でも不動産は昔から人気が高い商品の一つであり、多くの人が長期的な投資手法の一つとして不動産を運用しています。しかし不動産は金融商品の中でも高額な商品のため、初期投資がある程度なければ難しい投資商品の一つとなっていました。しかし、近年は少額からでの不動産投資が可能となり、数万円程度からでも不動産投資が出来る時代となりました。まずは少額から始めるにあたり、不動産を一人で運用するという視点を変え、複数の投資家の一人となって不動産への投資を行うとイメージしてみましょう。例えば、一つの不動産物件を複数の投資家によって資金を出し合い、運用していくことでそこで得た利益を分配し、それぞれに利益が振り分けられるという考え方です。この様な複数の投資家による運用が可能となったのが、REITと呼ばれる不動産投資信託商品です。日本の不動産に限らず世界の不動産へも投資ができ、一つの不動産だけではなく様々な物件への投資を複数の投資家が行う手法です。この不動産投資信託の購入には、数千円から投資が可能なため、お小遣い程度の資金から不動産投資を始める事が出来るでしょう。不動産の対象となる物件も、商業施設から大型物件、ビル等様々な商品が組み込まれているため、リスクヘッジも可能となっています。この様に不動産投資を始めるには、少額の初期投資からでも始められますので、まずは数千円から購入可能なREITへ注目してみましょう。